イラスト日記

永沢まことさんのような絵描きになりたい。
字がきれいになりたい。
レシピなしで料理ができるようになりたい。
役に立ちたい。・・・そんな私の日常を、イラストで綴っていきます♪




| 1 / 2 | >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - |
    やらずに後悔していることを今日から始める



    なんにでもすぐ感化されちゃうタイプの私。



    昨日の夜、読売テレビでやってたドラマ、

    『 夢をかなえるゾウ 』

    おもしろかったな〜!



    最初は、洗濯物たたみながら、
    何の気なしに観てたけど、
    途中からメモを片手にくびっぴき。



    小栗旬ちゃま演じる、ダメサラリーマン・耕平のもとに現れる、
    ゾウの鼻をもつ関西弁の“神様”、ガネーシャ。(古田新太)



    「自分を変えたい!」という耕平に、
    「そんなん言うて自分、覚悟はでけてんねやろなー」と、ガネーシャ。



    次から次へと、耕平に[課題]を課していくんだけど、
    その内容はと言えば、


    ■ くつをみがく


    など、至ってシンプル。



    だけど、ひとつひとつにちゃんと理由があって、
    シンプルだからこそ、
    「そうか!」とか「そうやんね、やっぱそうやんね〜」と
    納得できるし共感できる。


    ほんで、ほんとに変われるような気がしてくる。


    「今まで、自分の考え方でやってきて、
    なーんの結果も出ぇへんかったから、こういう状況なってんちゃうの?」


    と、口は悪いけどスパッとはっきり言ってくれる、
    ガネーシャの言葉はすごく説得力がある。



    それでは、メモった[課題]をご紹介しましょう。



    ただし、あくまでも私の受け取り方で書いています。
    私にとって、印象深かったものを取り上げています。
    なので、全ての[課題]を“生”のままご覧になりたい方は、
    ぜひベストセラーになったという原作をご覧くださいね☆

    〜 150万部突破の笑いと涙の感動ストーリー
    このままやと2000%変わらへん!
    あなたの夢のかなえ方教えます 〜

    『夢をかなえるゾウ』水野 愛也 著 (飛鳥新社)



    ■ くつをみがく

    自分を支えてくれるものを大事にできんもんが、
    成功なんかできるかいっ! byガネーシャ



    ■ 食事を腹八分目に抑える

    一切の疾病は宿食(食べすぎ)を元とす by釈迦

    そんな風に自分をコントロールするのが楽しくなったら、
    生活が楽しくなりますよー っちゅうこっちゃ。 byガネーシャ



    ■ 人を笑わせる

    笑いは空気を変える。楽しい気持ちでいれば、
    そういう人の元には、自然と人が集まるんや。 byガネーシャ

    そんなコート言わずに、話を聞いてくだセーター。 by耕平



    ■ まっすぐ家に帰る

    キュリー婦人は、家事や子育てを全部こなしてから、自分の研究をしはったんや。
    それで、ノーベル賞やで。
    会社終わってからの時間は、自分が成功するために使える、
    大事な時間や。 byガネーシャ



    ■ その日がんばった自分を褒める

    一日の終わりは、がんばれんかった自分を責めるんやのーて、
    自分を褒めて終わるんや。 byガネーシャ



    ■ 《自分を成長させるのに一番効率のええ方法》
    人の長所を盗む


    相手の長所を見つけて、どんどん自分のものにしていけ。
    プライドなんか、かなぐり捨てるんや! byガネーシャ



    ■ 一日なにかをやめてみる



    ■ サービスとして夢を語る



    ■ 「運がよい」と口に出して言う
    どんなにサイアクなことがあっても、あったときこそ、
    「運がええな〜」って言え。世界が変わって見えてくる。 byガネーシャ



    ■ サプライズをする
    人の予想を超えることをする、エエ意味で裏切るんや。 byガネーシャ



    ■ 《自分を変えるための最も重要な課題》
    やらずに後悔していることを、今日から始める


    しなければ、後悔したまま死ぬ、ようなこと──
    時間や自信がないとか、理由をつけて逃げてきたこと──
    自分が変わりたいんやったら、
    やるのは今や!今しかないんや! byガネーシャ



    ■ 《成功の近道》
    人の成功を助ける


    人を幸せにしたら、喜ばれるし、認められるし、
    お金までもらえる。こんなええことないで byガネーシャ



    ■ 《奇跡を起こす方法》
    応募する




    ■ 毎日感謝する
    お金も地位も名誉も、他人がおまえに与えてくれてるもんや。 byガネーシャ


    ■ 自炊する
    体は食いもんでできているんや。
    自分の(体)ために、自分のメシを作れ!
    外見ばっかり気にしてんと、中身をみがかんかい。 byガネーシャ



    ----------------------------------------------------
    ガナーシャは、

    「知識を頭に入れただけやったら、何も変わらんねんで!」

    とも言ってました。

    「人生において、実行し続けること。」
    「ひとつひとつ、これが最後やと思ってやる。」

    と。


    一時期、“自己啓発本”を読みあさったりもしたけど(^^;)、
    何が自分の中に、残っているかな・・・


    今度こそ。




    JUGEMテーマ:夢をかなえるゾウ


    0
      | あいあい | 思想 | comments(6) | - |
      旅立つ君へ

      --------------------------------
      『旅立つ君へ』

      子供の成長がこんなに早いものだなんて、思いもしなかった。
      この春、君は家から巣立っていく。
      とはいえ、まだ下の子がいるし、これで私の子育てが終わるわけではない。
      君に関してのみ、取りあえず親の役目が一段落するに過ぎない。

      そう思っているのに、このごろ、君が赤ちゃんだった日々がやたらとよみがえる。

      一日中、私を追い続け抱っこをせがみ、抱いてやらないと怒って延々と泣いていた君。
      仕方なく、体にくくり付け家事をしていたものだ。
      君は私の背中にいる時間が大好きだった。
      スヤスヤと眠ったころを見計らい、そうっとひもを緩めると、下に降ろされるのを敏感に察知し、不安がってまた泣いた。
      一瞬でも私が視界から消えると、わめき散らして追ってきた。

      なのに今では、肩に触れさせてもくれない。

      こんなことなら、あの時「ママは忙しいのよっ!」なんてうるさがらず、君の気の済むまで、ずっとずうっと抱いていてやればよかった。
      恥ずかしいほどふがいない母親だけど、ここ数年、君に散々反抗されてようやくわかったよ。
      子供は親の所有物ではないことを。
      こんな簡単なことを学ばせようと、君は私のもとに生まれ18年間一緒にいてくれたんだね。
      ありがとう。


      《2/19付 毎日新聞【大阪版】朝刊家庭面(投稿欄)「女の気持ち」
      富山県黒部市 長谷川みゆきさん(46歳)》 の投稿文を全文抜粋

      --------------------------------


      生後5ヶ月の赤ちゃんへの、親の虐待(の恐れ)のニュースを聞いていた直後に読んだからか、
      深く感じ入るものがありました。

      虐待するような親たちも、目先のことではなく、
      こんな、“ほんの少し”先のことに目をやることができれば、
      一時の感情を幼い子供に向けるようなこともないやろうに…と思います。

      私はまだ子供を生んでいないので、友達や兄弟の子育てを垣間見ては
      『ぎょえ〜〜〜〜〜〜・・・大変そう。。』とばっかり思っていたけど、

      >こんなことなら、あの時「ママは忙しいのよっ!」なんてうるさがらず、
      >君の気の済むまで、ずっとずうっと抱いていてやればよかった。

      という言葉は、心にとめておきたいな、と思いました。


      JUGEMテーマ:育児


      0
        | あいあい | 思想 | comments(7) | - |
        丁寧に生きる


        8年間の会社員生活を経て、
        この春、転職をした私。

        今の会社に(一応)一年という期限付きで
        雇ってもらっていて、

        「この一年の間に、次に進むべき道を見極めよう」

        ・・・と思っていたものの、
        ジタバタしているうちに早半年・・・

        見極めるどころか、
        更にこんがらがる始末。。


        「ブライダルの仕事は、
        やってみたかったことだし、
        何よりも“人に喜んでもらえる”要素がある…」


        これは、春の私の気持ちです。


        このことを、すごくうまく表現してくれた元同僚の言葉、

        「それは、逃げ場のない世界で自分のクリエイトを立てなければならないということ。」
        「ひたすらに相手のことを思うことでしか成すことのできない大変な仕事です。」


        ・・・その、「ひたすらに相手のことを思いやる」ことが、
        想像以上に難しいことでした。
         
         甘 か っ た ・・・

        ただただ、そのひとことに尽きます。


        “喜んでもらえる”どころか、自分の手際の悪さ、説明不足のせいで
        お客さんを不愉快な気持ちにさせてしまうことも、多々。。

        『一生に一度の大切なイベントなのに、私が担当で、ごめんなさい・・・』

        そんな気分に陥ってしまいます・・・。


        事務処理作業に到っては、半年経っても
        慣れるどころかますます要領が悪くなってる始末。

        毎回、お昼ぐらいまでは
        『おっ、今日はこの調子でいきゃあ、割と早く終われそう』って思ってても、
        なぜか、ほ〜んとに魔法みたいにいつも、夜になってもやること山積みで、
        定時にはまず終わらせられない。。

        同じぐらい…いやいやそれよりもっとずっと仕事こなしてはる同僚(半年だけ先輩)のNさんは、
        いつもちゃーんと定時過ぎまでには仕事、終わらせてはるらしい。
        なのに、なんで同じだけ時間があって、私はこうなんやろう…

        土日に遅くなるのは、平日より接客とかも多いし・・・と思ってたけど、
        ド平日で接客はナシ、完全事務作業だった日も、遅くまで掛かってしまう。

        事務作業が終わらなくてテンパってる時は、
        いつまでも抜け出せない、暗くてねっとりした穴の中にいるような気分・・・


        臨機応変な対応が苦手で、ささいなことですぐパニックに陥ってしまうこの性格は、
        ホントにとことん、今の仕事に向いていないんじゃないか・・・
        でも、じゃあ、どうすれば・・・と、モンモンと悩む日々。。

        そんな、支離滅裂の方向探しをしていた私に、
        (まさしく)“救いの神”の手が差し伸べられました。




        10月某日、ピロシくん(彼)と共に一路、東京へ向かう私。
        目的は、ある人のカウンセリングを受けに行くことです。

        その、ある人:Mさんというのは、一般的に言うところの
        スピリチュアル(霊的な)・カウンセラーで、つまり、“見える”方。
        普段は建築関係のお仕事をされている、男の人です。


        ことの発端は、彼のお義姉さん(お兄さんの奥様)が最初、
        Mさんのカウンセリングを受けに行かれ、
        奥様の勧めでお兄さんも受けに行かれ、
        それぞれmixiの日記で、その感想を書かれていました。

        お兄さんの言葉を拝借すると、

        「彼はその場面を見ていたかの様に極めて的確かつ具体的に言い当ててくれる。」
        「何ともまあ、本当にこんな人が居るんだということにちょっとした感動を覚えた。」


        とのこと。

        そして、その上で、決め付けるのではなく、
        あくまでも自分自身で結論を出せるような助言をくださるのだとか・・・



        「こ、これだっ!」と思い、早速彼のお義姉さんにお願いして、
        すがるような思いで押しかけた次第。
        ちなみに、彼も、お兄さん達の日記を読んで興味を持っていたらしく、
        一緒に受けに行くことに。

        といっても、カウンセリングは一人ずつ。

        私は、ギリギリまで聞きたいことをまとめきれていなかったので、
        興味本位(!)の彼が、先に受けに行きました。

        彼は、何事にも割とドライな反応をする人なので、
        どんな顔して戻ってくるかな〜、
        「なんか微妙やったわ・・・」とか言いそうやな〜 と不安でしたが、
        戻って来て開口一番、

        「おもしろかったわ」

        と、満足気。おおお、これはスゴそう、と改めて思いました。



        ドキドキしながらイソイソと、私も受けに行きました。

        Mさんは、私が書いた用紙
        (名前・住所・電話番号・生年月日・メールアドレス・URL)をじっと見つめたあと、

        「・・・はい。では、お聞きになりたいことをどうぞ。」と。

        私は、とっにかく仕事のことを聞きたかったので、早速

        「は、はいっ、あの・・・仕事のことなんですが、どういう方向へ進むべきか
        完全に分からなくなってしまっていて・・・」


        と言うと、Mさんは束の間うつむいた後、
        ゆっくりと頭を上げ、サラっとこう言いました。



        「あなたは、あまり仕事に生きるタイプの人じゃないからね。
         そんなにやっきになって、仕事に生きがいを見出そうとしなくても、いいよ。」




        ・・・・・・・エ(・_・)?ソウナンデスカ??

        思いもよらない回答に、一瞬、固まってしまったほどです。
        でも同時に、心の奥の頑固なカタマリが、このひとことで
        ほぐれはじめたのも、確かでした。
        なにせ、これまでの悩みを一気にくつがえす言葉、ですからね・・・


        さらに「専業主婦志向の人ですね」とまでハッキリおっしゃるMさんに、
        「え・・・、でも、経済的な理由もあるし、やっぱり自分は働いた方がいいと思ってるんですが・・・」と食い下がる(?)と、
        「それ(経済的な理由)ならそれで、そうと割り切って働いたらいいですよ。
         あなたは、ずーっと働き続けるというよりは、グッと働く時期と、働きに出ない時期が
         交互にあるようなタイプの人です。
         結婚するまでは働いて、結婚して子供ができたらしばらくは家庭に専念して、
         子育てがひと段落したらまた働く、というように、その時その時で考えていけばいいんじゃない」
        と。


        また、仕事にせよ何にせよ、私は人と接することから離れない方がいいんだそうです。
        理由は、私が、寂しがりで甘えたな人間だから。(誰や!笑ろてるのは!笑)

        誰かのためになったり、誰かに喜んでもらえたりすることで、
        その寂しい気持ちを埋めたい、んだそうです。

        だから逆に、部屋にこもって一人で黙々と作業をするような仕事だと、
        苦しむんですって。っていうか、
        「苦しんでる姿が見えます」的な表現をされました・・・。

        そう、まさに、事務所で事務作業をしている時の私の姿は、これ。
        Nさんとは出勤日が交代で一緒に仕事することはないし、
        ボスも出ずっぱりの日が多く、大抵、ひとりで事務所で仕事しています。
        暗い穴のような苦しみの根源は、自分の心の中にあったのね・・・


        さらにMさんは
        「こういうような仕事、興味ないですか?」とおっしゃいます。
        つまり、カウンセリングってことです。
        人と接する、人のためになる、究極ですもんね。

        いやはやそれにしても、思ってもみない言葉。
        ま、もちろん私には、Mさんのような特殊な能力は備わっていないので、
        他の方法を紹介されましたが・・・

        「いっや〜ぁ・・・こうして受けるのは興味ありますが、
         いかんせん、口下手なもんですし、やるのはとてもじゃないけど、自信ないです」


        「カウンセリングは、聞くことが基本ですから。(ニコッ)」


        いわく、私の人生の課題(テーマ)は、《コミュニケーション》なんだそうです。
        “課題”だから、今はまだうまくいかないのは、言ってみれば当たり前。
        だけどどにかく、人と接することが 大事 なんですって。

        “伝えること”“教えること”にはもともと向いているらしく、
        そういう意味では、今のブライダルの仕事も、向いてないわけじゃない、と。
        ただ、今の職場でそんなに苦しんでるのは、
        完璧主義すぎて気持ちが空回りしてるから、じゃないかと。


        「今ね、うしろの人が・・・」

        出ました、私の守護霊さんのことです。
        私の守護霊は、室町時代の尼さんだそうです。

        「うしろの人が言ってます。
         『あなたは何も悪いことをしていないんだから、
         そんなに自分を責めなくてもいいですよ』って。」


        寝る前に、モンモンとその日の反省を思い出してるみたいですね、と。
        そうじゃなく、寝る前には、「今日も一日よくがんばった」って、
        自分を褒めてあげなさい、とのこと。


        仕事だけのことじゃなく、私はどんな場合でも、
        ついつい完璧を目指しすぎるらしい。
        あせって、先回りして考えすぎる、とにかくせっかちなんだそうです。

        もし家庭に入った時も、おそらくつい“いい妻”“いい母”を
        目指そうとしてしまいがちだけど、
        そんなこと相手は求めてないし、子供は親を選んで生まれてくるから、
        ある程度いい加減でも大丈夫だからね、と、釘を刺されました(^^;)


        「他に何か聞きたいこと、ありますか」


        ・・・そう、受ける前に聞くことをまとめていた時は
        その量のあまりの多さに、
        我ながら『こりゃあ制限時間(60分)には絶対聞ききらんな・・・』と思っていましたが、
        制限時間より前に、私の“聞くことメモ”は、ほとんど意味をなさなくなっていました。

        Mさんの手にかかれば、私の数年来の悩みも、
        ほんの60分にも足らない程度なんだ・・・と感じされます。

        それでも、セコ根性が出て、とにかくメモにあることは聞くことにしました。
        メモにあること・・・つまり、仕事のこと三昧・・・。

        仕事にそんな悩まなくていいって言ってもらったのに、
        しつこく仕事のこと聞くなんて、ホント失礼な話ですが、
        Mさんは嫌な顔ひとつせずに、一個一個の質問に
        迅速にかつ的確に、答えをくださいました。


        Q.自分の思いを話そうとすると、悔しくも悲しくもないのに
          ボッロボロ涙が出てしまうのは何故?どうしたらいいですか?

        (実際、このカウンセリングの間中、号泣してました・・・^^;)

        A.感情がまだ安定していない。家でDVDでも見て
          (映画の中には喜怒哀楽があるから)思いっきり泣いたり、
          お笑いを見て思いっきり笑ったり、
          とにかく感情を的確に出すことを繰り返せば、安定していきますよ。



        Q.“テンパリ癖”・・・ささいなことでパニックになり、
          臨機応変・冷静沈着に行動できないんです・・・


        A.とにかく深呼吸。体のためにも、ヨガとか始められたらいいんじゃないですか。


        Q.“うっかりミス”をよくやってしまいます。どうしたら防げますか

        A.これも、せっかちな性格が原因。先のことばっかり考えているから起こる。
          深呼吸で“今”に集中する。



        Q.事務処理の仕事、定時に終わらせられないのはナゼ?

        A.これもまた、深呼吸。ヨガなどでいい力の抜き方を覚えたら、
          おのずと優先順位が見えてきますよ。





        また、私のことだけでなく、先に受けた彼の
        内面的な性質のことを、私にも詳しく教えてくださり、
        こういう点は理解してあげてください、気をつけてあげてください、と
        助言をくださいました。

        彼にもまた、私の性質を説明した上で、
        気をつける点を助言してくださったそうです。

        例えば・・・
        彼は割と淡々と、あまりイベントのない人生を送るタイプだけど、
        私はイベントを求めるタイプだから、たまには旅行とか映画に連れて行ってあげてね、とか。

        ・・・ナイス。(笑)


        他にも、お互い気付いていなかった点、
        言いたくても、言えてなかったことを客観的に伝えてもらえたので、
        一緒に受けに行ってよかったなぁと、つくづく思います。




        彼のお儀姉さんが日記の最後に書かれていた言葉が特に、
        私をMさんの元へ導いてくれました。

        >この先進むのにヒントがほしい、
        >自分探し、自分の記憶や意識下にうもれているようなものも見つめた上で
        >丁寧に生きていきたい



         -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


        昨日私は、またひとつ、年齢を重ねました。

        今回頂いたアドバイスを元に、これからの人生、
        丁寧に生きて行きたいとあらためて思った、
        31歳の誕生日でした。


        追記:メールやメッセージをくれたみなさん、
        本当にどうもありがとう(=^O^=)



        0
          | あいあい | 思想 | comments(14) | - |
          すみません、今日は“イラスト”日記じゃありません
          この言葉に見合うイラストを思いつことができませんでした。

          今日、新聞の投稿欄でたまたま見つけた言葉です。
          心にガツーン!と来ました。
          投稿者もこの言葉に衝撃を受け、
          「何事にも一生懸命に取り組み、悔いのない日々を送ること」という
          07年の目標を立てていました。

          年が明けた時、私は秘かにある決意をしました。
          ここで紹介する時点で“秘か”じゃなくなってしまうのですが、
          自分が忘れないためにも書いておこうと思います。

          今年は、情熱で行く。

          とにかく、自分が情熱をもてることをやり、
          情熱で目をキラキラさせよう、と思ったのです。

          今日、この言葉を知って、その気持ちがますます強くなりました。


          最後になりましたが、12年前の今日、
          思いも寄らない大きな震災により、
          生きたかった明日を奪われてしまった方々のご冥福を
          心よりお祈りいたします。


          0
            | あいあい | 思想 | comments(10) | trackbacks(0) |
            越境!
            ついに来てしまいました・・・
            誰にも平等に訪れるその大きな壁、
            ワタクシも本日、見事に越えさせていただきます。

            ん〜〜〜〜〜、
            やっぱ意識せずにはいられなかったな〜〜〜・・・

            つい、あと半年、あと一月、あと一週間・・・と、
            心の中でカウントダウン。その心境は、
            あと半年で“20代が終わる”なのか
            あと半年で“30代が始まる”なのか、
            それは自分でもよく分からないんだけど、
            どちらにせよ、大きな意味を感じてんだな・・・。

            ハタチのときは、
            分けもわからず無理やり“大人”って称号を
            つけられたような感じで『こんなんでええの?』って感じがした。

            ほんとの意味で“成人”って、30歳ぐらいじゃないのかな〜・・・
            酸いも甘いもなんとやら・・・じゃないけど、
            少なくとも自分がこんな奴ってことは、
            10年前よりずっとよく分かって来た。

            たぶん、仕事っていうフィルターが
            一番それを露出しやすんだと思うけど、
            とにかく20代のほとんどを会社で過ごした分、
            よ〜く見えてきたなぁ。

            「あるがままの心で生きられぬ弱さを
             誰かのせいにして過ごしてる
             知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中で
             もがいているなら
             僕だってそうなんだ

             誰かを想いやりゃあだになり
             自分の胸つきささる

             だけど
             あるがままの心で生きようと願うから
             人はまた傷ついてゆく
             知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中で
             もがいてるなら誰だってそう
             僕だってそうなんだ」

            オトナになると、つい物事を損得で考えて、
            自分らしさを見失ってしまいがちになる。・・・気がする。

            あるがままで生きる強さを、磨きたいな。
            0
              | あいあい | 思想 | comments(19) | trackbacks(0) |
              “CM”デビュー!

              “CM”っつうほど大したもんじゃないですが、
              広い意味でのCM(コマーシャルメッセージ)に
              ワタクシの、この、おにぎり頭(!)のイラストが採用されました〜!

              採用して下さったのは、先月から通い始めている
              会社近所の整骨院

              入り口前に立てている看板を変えたい、あとはお任せしますとのことで、
              思いっきり変えちゃいました。(以前はもっと固い感じのやつだった)

              はぁ〜、正直、思いのほか作るのに時間が掛かり、
              日曜の夜中にキシむ肩をおさえながら
              『・・・引き受けるんじゃなかった(-.-;)』
              な〜んて考えもよぎったりよぎらなかったり(^△^;)

              でもでも、出来上がりを渡したらとても喜んでもらえて、
              それが自分にとってめちゃ嬉しかったりするのよね、これが。

              最近感銘を受けた(※とても感銘を受けやすい人間です、私^^;)、
              「何かして人に喜ばれる方が、自分で自分を喜ばすよりも、
              満足度が高い」
              って言葉を実感しちゃいました。

              そういえば、時々お昼を食べに行く中華屋さんのご主人も、
              「おいしいです〜」って言うとめっちゃ嬉しそうな顔しはるもんな〜

              自分のしたこと、作ったものに対して反応があるってのは、
              それこそがやりがいになるんやな〜

              ・・・ん?あれ?
              ブログってまさにその心理ちゃう?!?!?
              記事書いてもひとっこひとり見てくれなければ、
              ぜ〜ったい続かん。

              そう考えたら、見てくださる皆さんに私、支えられているのですね(*^^*)
              皆々様、いつも応援、ありがとうございまーーーす(^O^)!

              0
                | あいあい | 思想 | comments(12) | trackbacks(0) |
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                31      
                << December 2017 >>

                イラスト日記に清き一票
                「このブログが気に入った!」という方は、
                ぜひ下のマークをクリックしてください♪
                ランキングサイトに飛ぶと同時に
                このブログに1ポイント加点されます。
                ↓↓↓↓↓
                ←クリックプリーズ! ←こっちもプリーズ! ←おまけにプリーズ!
                おすすめ本

                『な〜んも知らん藍の初めてのひとり旅』

                沢木耕太郎の『深夜特急』にハマった作者が
                その軌跡を追って世界に飛び出す!
                ギリシャ、トルコ、イタリア、フランスへの
                ひとり旅の様子が、絵日記になりました。
                ひとり旅を志す方にも、旅のベテランにも
                楽しんで読んで頂ける一冊です!
                プロフィール
                メールフォーム
                ご用の方は こちら(メールフォーム)まで
                メールをくださいませ〜(^O^)/
                ※イラストの無断転用、転載等はご遠慮ください。
                最近の記事
                過去の記事(月別)
                過去の記事(カテゴリー別)
                コメント一覧
                初めての転職
                30歳春、DTPデザイナーからブライダル業界への転職を経験しました。
                心の葛藤、転職前の上司とのバトル、
                転職先での失敗など、
                みどころ満載でお送りしております!
                ↓↓↓↓↓
                お気に入りサイト一覧
                BlogPeople 会員の方へ(^^)/
                ←クリックすると、「BlogPeopleへリンクを追加」画面へ行きます。ぜひ、リンクリストに追加してください(^O^)
                モバイル
                qrcode