イラスト日記

永沢まことさんのような絵描きになりたい。
字がきれいになりたい。
レシピなしで料理ができるようになりたい。
役に立ちたい。・・・そんな私の日常を、イラストで綴っていきます♪




| 1 / 1 |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | スポンサードリンク | - | - | - |
    紫色と緑色です


    やっぱり奈良は、ええですなー。
    この季節は、色とりどりです。



    こないだ、藤の盆栽を見に行って来ました。
    んふ、なかなかシブい時間の使い方(^v^)
    たまにゃーこういうのもいいノダ。

    その名も『 盆 藤 展 』。

    ぼんふじ・・・んにゃ、ぼんとうてん。
    耳だけで聞くと、なんのこっちゃわからんけど。





    会場は、国際奈良学セミナーハウスってとこ。
    いままでさんざ、目の前を通っていたにも関わらず、
    やはりここも、初めての訪問。
    いやあ、まだまだだわ、ワタシ。

    “セミナーハウス”とか横文字ついちゃてるけど、
    門構えは純和風。

    それもそのはず、

    >国際奈良学セミナーハウスは、
    >中世、興福寺の一院があった場所に立てられた
    >宿泊と学びを提供する施設です。

    >土塀より門をくぐると正面に、
    >興福寺の子院であった「旧世尊院」があり、
    >その左手には、奈良公園徒歩0分という立地で、
    >歴史と奈良を心ゆくまで感じてもらえる宿泊棟があります。

    国際奈良学セミナーハウス HP より)



    で、その「旧世尊院」てのが、盆藤の展覧会場でした。

    古い建物そのものも面白いし、
    そこら中に展示されている藤からは、
    超いい香りがただよってくる。

    へー、藤ってこんないいにおいするんだー。

    ミツバチがブンブカ飛んでいた。



    そのあと、なんだか高いところに昇りたくなって、
    県庁屋上へ。今、屋上が一般開放されてて、自由に登れます。

    やっぱ、若草山方向の景色がすげーなーと、しみじみ思う。

    この日は気温が高めで、雨上がりだったので、
    緑のまあ、あざやかなこと。
    まるで 茹でたてのブロッコリー みたい。超、目によさそう。


    そして、スックと立ってる興福寺の五重塔がカッチョよくて、
    そのままテクテクと五重塔の真下まで行ってみる。


    美しい・・・


    正直まだ、仏像の美しさとか全然わからんけど、
    ギリシャ行ってもローマ行っても、
    遺跡に感動できない鈍感ちゃんだけど、
    この塔はキレーだなーと思う。


    その塔のふもとや、同じく興福寺の
    南円堂の前にも、藤棚があって、
    きれいな藤色の花をぶらさげはじめていました。



    奈良へお越しの際は、
    ぜひご覧あそばせ〜☆

    --------------------
    国際奈良学セミナーハウスにて、
    「春日藤まつり・2009盆藤展」
    平成21年4月18日〜5月3日まで開催中

    --------------------

    さらに、春日大社の万葉植物園でも
    藤が見ごろを迎えているそうです(^-^)
    (今週末頃まで)




    JUGEMテーマ:奈良県


    0
      | あいあい | 奈良 | - | - |
      初めての薬師寺


      奈良県民のくせに
      奈良のこと(だけじゃないけど)を
      なーんも知らん私。

      これからは、できるだけ色々足を運び、
      “超新鮮な視点”から見た
      奈良の各地の率直な感想を、
      つづって行けたらと思っています。



      今日は、薬師寺に行って来ました。
      初です、人生で、初。

      つい最近まで、どこにあるのかさえ
      知らなんだ。

      最寄り駅は西ノ京だった。

      西ノ京って、少し遠いイメージがあったけど、
      急行なら大和西大寺から1駅。

      今日はもともと天理に用事があって、
      その帰りに電車乗ってたらたまたま、

      「この電車は、西ノ京に停車いたします」

      とかって、なんだか 特別よ〜ん みたいな感じで
      言うもんだから、


      あ、そうだ!


      と、ピンと来ちゃったのです。

      たしか、“修二会花会式(しゅにえはなえしき)”なるものを
      やってるはずって。

      新聞で、「こんな花用意してますー」的な記事、
      2紙ぐらいで見てたし、
      職場でも少し話題にのぼってたし、
      東大寺の修二会(お水取り)は行けなかったし、
      これは見ておかなきゃなってことで、急遽寄り道。


      西ノ京駅から薬師寺へは、「徒歩2分」とあるだけあって、
      めっちゃ近い。駅の目の前に入り口あるし。


      迷うことなく行けるのはよかったんだけど、
      時すでに、夕方4時35分。

      それでもわりと観光客がいたので、
      トトトと入って行ってみたんだけど・・・


      平山郁夫が30年かけて描いたという壁画の特別公開の
      入り口にて・・

      私:「チケットはどこで買えるんですか?」

      おばちゃん:「受付は4:30までなんですよ。また来てくださいねー。」

      チャンチャン。



      そして、花会式(修二会)もまだなのだった。

      ※正確には、明日(29日)からでもなく、明後日(30日)からのようです。




      ちなみに、初めて行った薬師寺の感想は・・・・・・


       これって古いんかな〜・・


      あ、いやね、そのぉ、ほんっまなんも分からんと言うてるんですが、
      壁が白、柱が赤、窓の柵が緑 って、こう、なんてゆーか、
      こってり塗ってある感じで、あんまり古さを感じられなかったんですよね(^^;)

      東大寺や法隆寺を見慣れてる(!?)せいか、
      なんか、ちょっと、イメージがちがうっちゅーかなんちゅーか。

      でも、教科書で習ったような配置の中を歩けて感動。

      ひろびろ〜っとしてて、ゆ〜ったりした雰囲気は、
      奈良らしいな〜って思いました。



      そうそう、境内を歩いてて、たまたま通りすがった若い女の子が言ってた言葉。
      どうやら県外から来られたご様子で、

      「奈良っていいねー。のーんびりしてる。」

      とな。



      これから奈良で何かするとき、
      この“のーんびりしてる”てのが重要なんじゃないかとふと思いました。

      人々が、その土地に求めることって、“その土地らしさ”なんだろうなーって。

      奈良らしい、のーんびりできる時間・空間づくり、
      これ、キーワードかもしれません!?



      -------------------------------------
      おべんきょ情報


      薬師寺

      天武天皇9年(680年)、天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良(うののさらら)皇后の病気平癒を祈願し、飛鳥の地に創建したのが薬師寺であるとされる。



      修二会(花会式)

      奈良時代から続く薬師如来に対する悔過法要。国家繁栄、五穀豊穣などを祈る春の行事。薬師寺の修二会には十種の造花が本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、奈良の春の風物詩となっている。最終日の4月5日の夜には「鬼追式」が法会を締めくくる。


      出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




      JUGEMテーマ:奈良県


      0
        | あいあい | 奈良 | comments(10) | - |
        本気の奈良









        奈良で、国際映画祭です。









        「このまち(奈良)を大好きな子どもたちが増えてほしい」

        「この場所から出て行かなければ世界の人と会えないのではなくて、このまちに世界の人に来ていただいて、素晴らしい奈良という場所で、交流をしたい」


        という思いから、
        奈良在住の映画監督・河瀬直美さんが呼びかけ人となり、

        『 なら国際映画祭 』

        が企画されました。





        開催予定は2010年。
        といえばそう、遷都1300年祭。

        せんとくんやまんとくんの“騒動”の陰(!?)で、
        こういったプロジェクトが、着実に生まれていってるんですねー。


        考えて見れば、遷都祭を祝えるのって結構、奇跡的。
        だって、次にまた同じことをしようと思ったら、
        少なくともあと100年かかるでしょー。

        学校の歴史では、
        「なんと美しい」「泣くようぐいす」で“セット”にしておぼえたけど、
        京都でやろうと思ったって、あと84年かかるんだ。




        そんな、奇跡的瞬間を、
        第一回なら国際映画祭』で迎えるっていうのが
        すごくいいなーと思う。
        歴史的瞬間にもなっちゃうわけだ。


        でも、このプロジェクトはまだ、ほんとに生まれたばっかり。


        呼びかけ人の河瀬監督は、

        「奈良のまちの人たち、それに協力・共感していただける人たち、そして世界の人たちを、今から、新組織としてネットワークをつくって行きたい」

        と。そして、

        「私(河瀬監督)の映画祭じゃない。私のことや私の作品がきらいな人にも、この映画祭には参加して欲しい」

        「みんなで映画祭を作り上げていきたい」

        と、意気込みを語られていました。





         そ こ で お 知 ら せ で す ☆




        今週金曜日、来たる10/24に、
        この『第一回なら国際映画祭』 プ レ イ ベ ン ト 

        が開催されます !!


        (プレ・イベント…“前”イベント、“準備”イベント、ですな)


        -----------------------------------

         日本&タイの映像文化交流
         『タムくん、奈良に来る!』


        -----------------------------------


        (10月21日付 朝日新聞 奈良版)




        『なら国際映画祭』の意義と楽しさを伝えるトークショーはもちろん、
        それ以外にも、日本中・・・いや、世界中、どこにもないような、
        めっちゃ多彩な内容が盛り込まれています(≧▽≦)☆


        「日本&タイの映像文化交流」と題されてはいますが、

        映像以外にも、

        音楽あり、

        絵本のようなかわいいアニメーションあり、

        さらには、雅楽鑑賞や、タイ料理を囲む交流会まであります!




        そうそう、場所がね〜〜〜〜、超いいんですよ!
        ご存知ですか??奈 良 県 新 公 会 堂 !


        →MAP


        私も一度、この館内のレストランに行ったことがあって、
        そうそうちょうど秋、お庭がめっちゃきれいでした☆




        もちろん、県内県外問わず、どなたでも参加可!
        奈良が好き。
        映画が好き。
        芸術が好き。
        音楽が好き。
        人との出会い・交流が好き。


        ひとつでも当てはまるものがある人は、み〜んな集まれっ(≧▽≦)☆

        みんなで『 なら国際映画祭 』という歴史の1ページ目を飾りましょう♪


        →参加申込 





        ♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪



        ところで、今日私は、
        奈良へ“ひとり旅”に行って来ました。
        (上の絵は、その時に描いたものです)

        30年近くも隣の市に住んでいるのに、奈良のこと、全然知らないんですよね(^^;)
        その良さを、見ようともしていませんでした。


        でも、あらためて行ってみると、冗談抜きに、

        『こんなに素晴らしいところ、世界中のどこ探しても、ない!!』

        って思いました。


        あの、スーーーーーー・・・っと癒されるような、
        不思議な雰囲気は、いったいなんなんでしょう。

        そして深まり行く秋の中で、奈良は今、
        一番いい季節を迎え始めていました(*^-^*)


        奈良への散策もかねて、ぜひぜひ、お出かけくださいね(^-^)☆






        JUGEMテーマ:奈良県


        0
          | あいあい | 奈良 | comments(4) | - |
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>

          イラスト日記に清き一票
          「このブログが気に入った!」という方は、
          ぜひ下のマークをクリックしてください♪
          ランキングサイトに飛ぶと同時に
          このブログに1ポイント加点されます。
          ↓↓↓↓↓
          ←クリックプリーズ! ←こっちもプリーズ! ←おまけにプリーズ!
          おすすめ本

          『な〜んも知らん藍の初めてのひとり旅』

          沢木耕太郎の『深夜特急』にハマった作者が
          その軌跡を追って世界に飛び出す!
          ギリシャ、トルコ、イタリア、フランスへの
          ひとり旅の様子が、絵日記になりました。
          ひとり旅を志す方にも、旅のベテランにも
          楽しんで読んで頂ける一冊です!
          プロフィール
          メールフォーム
          ご用の方は こちら(メールフォーム)まで
          メールをくださいませ〜(^O^)/
          ※イラストの無断転用、転載等はご遠慮ください。
          最近の記事
          過去の記事(月別)
          過去の記事(カテゴリー別)
          コメント一覧
          初めての転職
          30歳春、DTPデザイナーからブライダル業界への転職を経験しました。
          心の葛藤、転職前の上司とのバトル、
          転職先での失敗など、
          みどころ満載でお送りしております!
          ↓↓↓↓↓
          お気に入りサイト一覧
          BlogPeople 会員の方へ(^^)/
          ←クリックすると、「BlogPeopleへリンクを追加」画面へ行きます。ぜひ、リンクリストに追加してください(^O^)
          モバイル
          qrcode